医薬品・未承認薬の個人輸入に関するよくあるご質問(FAQ)

お探しの製品名を正確にご入力ください:
総取扱点数 7,944件 (Last update 2018/12/19)

FAQ よくある質問と答え

  1. 未承認の薬を扱うのは 違法ではないのでしょうか。
  2. 手続きが難しいのでは?
  3. 一度に輸入出来る数量を教えてください
  4. 医薬品の使用方法や投与量について知りたいのですが?
  5. 輸入した医薬品を処方してくれる先生を紹介してください。
  6. 医薬品の届け先は?
  7. 納期はどのくらいですか?
  8. 商品はどのように届くのですか?
  9. 薬監証明は自分でも取得できますか?
  10. Google Chromeで申請書類が開けない
  11. 医薬品の輸入代行を頼むには?
  12. 費用には何が含まれるのですか?
  13. 税金について教えてください。
  14. 後日、配送業者からまた請求が来たのですが?
  15. キャンセルや返品、交換は出来ますか?
  16. 領収書は発行してもらえますか?
  17. 日本国内に在庫は置いていないのですか?
  18. 混合治療とは?
  19. 医療費控除とは?
  20. ご登録情報の確認
  21. 医薬品の使用期限はどれくらいですか?
  22. 薬監証明の取得は毎回必要ですか?
Q1:厚生労働省に認可されていない薬を扱うのは違法ではないのでしょうか。
いいえ、違法ではありません。患者様自身での個人使用を目的とした輸入、またお医者様が患者様の治療を目的とした輸入であれば法律的に認められています。
ただし、輸入した医薬品を他人へ販売・譲渡することは法律上禁じられております。
→詳しくは「医薬品の個人輸入について」をご参照下さい。
Q2:手続きが難しいのでは?
海外からの医薬品輸入には、海外への発注や送金、輸入申請や通関などの手続きが必要となりますが、弊社では全てのお手続きを代行させて頂きますので煩雑なお手続きは一切必要ありません。
Q3:一度に輸入出来る数量を教えてください
個人での使用を目的とした輸入の場合には、経口剤などで1か月分の処方以内であれば薬監証明取得の必要なく輸入できます。 それ以上の場合もしくは注射剤などお医者様の処方が必要となる医薬品の輸入時には薬監証明の取得が必要となりますが、その場合にも上限は3か月分程度をお考え下さい。
患者様の治療を目的としたお医者様の輸入には特に上限は御座いませんが、大量輸入される際には厚生労働省から輸入数量の妥当性を示した資料(患者様のお名前や人数、処方量など)の提示を求められる場合があります。
Q4:医薬品の使用方法や投与量について知りたいのですが?
厚生労働省に認可されていない医薬品の効能や使用方法に関してのアドバイスを行うことは法律上禁止されております。ただし製造元発行の医薬品添付文書などの資料をお渡しすることは可能です。個人輸入された医薬品の服用や処方に関しては、必ずそのお薬に関しての十分な知識をお持ちの専門家の指導のもとで行ってください。
Q5:輸入した医薬品を処方してくれる先生を紹介してください
弊社では医療機関やお医者様の紹介等は一切行っておりません。患者様が個人輸入をされる際には、事前に主治医の先生と十分ご相談の上、ご依頼下さい。
Q6:医薬品の届け先は?
通常、医薬品のお届けは輸入者ご本人様宛となります。ただし、諸事情によりご本人のお受け取りが出来ない場合や、他の場所への配送をご希望される場合には配送先変更も可能ですので、ご依頼の際にお申し付け下さい。
Q7:納期はどのくらいですか?
代金をお支払い頂いてからお届けまでにかかる日数は、輸入申請や通関などの諸手続きを含めて通常2週間ほど見ていただいております。ただし、出荷元の医薬品在庫状況や日本および出荷各国の祝日(クリスマス、年末年始、ゴールデンウィーク)などは出荷や薬事申請、通関の窓口が休業となるため、お届けまで通常よりお時間がかかりますので予めお時間にゆとりを持ってご依頼下さい。
Q8:商品はどのように届くのですか?
医薬品は海外からお客様のご自宅宛に直送となります。海外からの国際郵便やスピード郵便、国際宅急便などでのお届けとなり、事前に配送日や配送時間帯などのご指定は承っておりませんので予めご了承下さい。
ご不在の場合には郵便局や配送業者からの不在票が入りますので、ご確認のうえ再配達のお手続きをお願いいたします。
Q9:薬監証明は自分でも取得できますか?
薬監証明の取得はどなたでも行うことが出来ます。弊社では必要な書類を全てサービスでご用意させていただいております。
ただし、一部お客様にご用意いただく必要のある書類(→詳しくは「医薬品の個人輸入について」をご参照下さい。)をお送り頂けない場合には申請が出来ない場合がありますので予めご了承下さい。
Q10:Google Chromeで申請書類が開けない
Google Chromeで申請書類が開けない場合は、下記設定をお試しください。
Google Chromeで閲覧中、PDFをAdobe Readerで開く方法
  1. Google Chromeの設定 > 詳細設定 > プライバシーとセキュリティ > コンテンツの設定 > PDFドキュメントの順にクリックします。
    chrome://settings/content/pdfDocuments
  2. PDF ファイルを Chrome で自動的に開く代わりにダウンロードする、をオンにします。PDFへのリンクをクリックした際に、Chromeで開かずダウンロードされますので、Adobe Reader等で開くことができます。
Q11:医薬品の輸入代行を頼むには?
ご依頼には下記の4つの方法がございます。※窓口での受付や販売は行っておりません。

1. インターネットによるオンライン注文
2. Eメールによるご注文 ( メールアドレス)
3. お電話によるご注文 (0570-04-3310)
4. FAXによるご注文 (03-4496-4987)

ご注文後、輸入申請が必要な場合には必要書類とご請求金額およびお支払い方法をご案内いたします。ご入金確認次第、医薬品のお手続きを進めさせて頂きます。 輸入申請書類は、お客様ご自身にてご捺印後、弊社までご郵送下さい。
厚生労働省による輸入申請および通関の許可が下り次第お届けとなります。
Q12:費用には何が含まれるのですか?
ご案内する価格には、医薬品代金と輸入代行手数料が含まれています。
その他には送料、冷蔵費用(要冷蔵の医薬品の場合)、薬監証明取得にかかる費用(薬監証明取得が必要な場合)、消費税(商品代金+送料の 8% )がかかります。

その他、冷蔵商品の場合お荷物の大きさやお住まいの地域により、国内宅急便のクール便費用が配送業者からの着払いとなる場合があります。
また、ご自宅とは別の場所(入院先の病院など)へ配送のご指定を頂いた場合には別途転送費用がかかる場合があります。
Q13:税金について教えてください。
通常は1万円を越える輸入品には関税がかかりますが、医薬品の輸入にはかからず消費税のみとなります。これは、医薬品代金+送料の 8% 程度とお考え下さい。
詳しくは東京税関のホームページをご覧ください
Q14:後日、配送業者からまた請求が来たのですが?
輸入通関時に消費税が発生した場合、金額により事前もしくは後日、配送業者より直接のご請求となります。金額は医薬品代金の 8% 前後とお考え下さい。
これ以上のご請求やご不明なご請求があった場合には、お調べいたしますのでお問い合わせ下さい。
Q15:キャンセルや返品、交換は出来ますか?
一度個人輸入された医薬品の返品や交換は一切出来ませんが、ご入金前であればご注文のキャンセルは可能です。
万が一、弊社もしくは海外の出荷元の手違いにより、ご注文品と異なった商品や不良品・欠損品をお届けした場合には無償で交換いたします。
Q16:領収書は発行してもらえますか?
弊社では海外からの医薬品個人輸入代行を承っている関係上、正式な領収書はお荷物に同封されています現地からのインボイスとさせて頂いておりますが、日本円でお支払い頂いた金額で代わって「明細書」をご希望のお客様には発行させて頂いており、医療費控除の申請などにはこちらをご利用いただいております。
Q17:日本国内に在庫は置いていないのですか?
医薬品は全てお客様の個人輸入という形で海外から直送されます。
また、弊社では個人輸入の代行を行っており販売はしておりませんので、日本国内に在庫は一切おいておりません。
Q21:医薬品の使用期限はどれくらいですか?
使用期限は医薬品ごとに異なります。通常、6ヵ月以上のものをお届けしておりますが、現地の在庫状況によっては6ヵ月未満になる場合もございます。予めご了承下さい
Q22:薬監証明の取得は毎回必要ですか?
薬監証明が必要な医薬品の輸入におきましては、輸入の都度取得する必要があります。